女の人

病気から逃げない|ステージ4という癌の状態

補助治療としての役目

	看護師

患者さんの身体にとても優しい治療法であるNK療法ですが、NK療法にかかわらず、免疫療法ではなかなか治療法として推奨されづらいのが現状です。まず、免疫療法を受ける際に注意してほしい事として治療費が挙げられます。免疫療法を実施するには、免疫細胞を培養させるための無菌室が必要です。そして、専門の医師による手作業での培養で増殖させるため人件費も必要です。これらの費用は治療費に追加されるため、免疫療法の費用は高額です。更に現在の日本では保険適応がされていない為、治療費が全額本人負担となります。また、NK療法によって癌細胞を一つ一つ攻撃し、減少させる治療法のため、効果が出るまでに時間が掛かることにも注意しましょう。

がんは未だに未知の部分がある恐ろしい病気です。すこしでも効果的な治療をと、様々な研究がおこなわれてきました。一般的に認知されている3治療法に次ぐものと期待されているのが、免疫療法です。NK療法は数多くある免疫療法の一種で、私たちの白リンパ球の中にあるナチュラルキラー細胞を利用しています。ナチュラルキラー細胞は、私たちの身体の中に入った異物を真っ先に攻撃してくれる特徴を持っています。NK療法はこのナチュラルキラー細胞を人工的に増やして、がんに対する免疫力や攻撃力を上げるのが目的で、3大治療と大きく違い、治療による副作用がほとんどないという特徴があります。ですから3大治療の補助的な治療法としてとても用いやすいのです。